自分をブランド化する

どーも。あきらさんです。

f:id:akirasan_comedy:20210129052024j:image

今回は『自分をブランド化する』ということの大事さについて書いていきます。

情報発信でマネタイズをしていくにあたって、最近のSNS事情はかなり流れが変わってきています。

昔はここまで個人が情報発信をしている時代ではなかったので、インフルエンサーの真似をしていれば個人でもマネタイズに結びつけることは比較的簡単でしたが、現在は多くの人が情報発信ビジネスに参入し、自分の個性を生かしてマネタイズしていく人が増えています。

要するにSNS上でも消費者の時間の奪い合いが行われているのです。

 

こうなってきた場合、情報発信が早い人や影響力を持っているインフルエンサーの1人勝ちになりやすくなっていくので、新規の参入者はマネタイズしにくくなっています。

その中で自分も情報発信でマネタイズしていこうと思った時に必要なのが、自分をブランド化する力です。

同じ商品や同じサービスでも「その人から買おう!」と思ってもらえるような人になることが大事だということ。

個性を生かし、自分と言う人間を魅力的に見せて、人と差別化するということです。

 

コンテンツの質はもちろんなのですが、1人の人の心に深く突き刺さり「この人の発信を追っかけていきたい!」とか「この人の商品が欲しい!」と思えるくらいに自分をブランド化していく必要があるのです。

 

だから、誰でも発信できるような内容ではあまり意味がありません。

同じような内容でも自分なりの言葉に変えてみたり自分が経験したことを踏まえて発信したりすることが必要になってきます。

自分の人生を公表し、より自己開示をする人の方が強いブランド力を持つことができるので、自分を出すことも必要です。

コンテンツの内容も、自分がつまずいた時に「こういう内容だったら問題を解決しやすかった」と言うものをイメージして作成していきましょう。

当時自分が欲しかった情報やコンテンツを作成し、とにかくギブをして信用を積み重ねていく所から個人のビジネスはスタートします。 

 

そしていつの時代でも必要とされるのは『リーダーのように人を引っ張っていく力のある人』です。

多くの人を引っ張っていく必要はありませんが、悩みを抱えている人にとって道しるべになるような人を世間では多く望んでいます。

影響力を強く持ち、メンターのような存在になれる人を心のどこかでみんなが望んでいるのです。

苦難を乗り越え、強靭な自分を作り出し、ある程度の結果を残した人に人は信頼感を寄せます。

世間では頼りがいのあるメンターを欲しているのです。 

 

そして自分の抱えているような悩みというのは、先人たちが既に経験し、問題解決をしています。

問題を抱えていても、それを乗り越えて解決した自分と言うのは、今同じような悩みを抱えて苦しんでいる人にとっての先人になるのです。

だからこそ、人が経験していないような人生経験が自分を強くブランド化してくれます。

 

今までのような情報発信ビジネスでは、発信軸を1つに絞ることがかなり重要視されていましたが、時代が移り変わり個人のブランドが重要になってきた今では、情報発信の軸を1つに絞るよりも自分と言うものをもっとたくさん出していく必要があります。

発信できる軸が1つしかない人は1つでもいいですが、たくさん持っている人はたくさん発信した方が自分の価値を高められます。

個性は基本的に掛け算になるので、例えば私の場合ですと『元引きこもり』×『元ギャグ漫画家』×『10以上の転職を経験』×『YouTube漫画シナリオライター』×『情報発信ビジネス』×『アニメ化ラノベ作家を夢見る』など、いろんな個性を抱えています。

こういった場合すべてを情報発信していった方が、自分という存在が唯一無二になることができます。

ネガティブな事でもポジティブな事でも、その経験を掛け合わせることで自分を強くブランド化することができるのです。

 

大事なのは、多くの人が情報発信ビジネスをやっている中で、自分という存在が埋もれないこと。

そして、多くの人に認知してもらえなくても『コアなファンが付くようなブランド化』をしていく事です。

 

自分にしかできない情報発信をし、自分にしか救えない方法で人の悩みを解決してあげる。

これができると、ブランドとしてかなり強い状態になります。

方法はブログだろうがSNSだろうが何でもいいと思いますが、届ける形としてのコンテンツがオリジナルだとよりブランドを強くすることができます。

一言で言うと『自分なりのパターンを持つ』ということでしょうか。

「この形の発信はこの人だ!」と言う影響力をつけられると強いですよね😊

 

この辺は私も日々模索しながら発信していますが、自分の思っていることを自由に情報発信できるようになっていくと、発信自体も楽しくなっていきます😄

 

どんな人でも自分をブランド化して影響力を持てる時代になってきているので、是非このことを強く意識して、情報発信からマネタイズに結びつけてほしいと思います。

 

それでは今回はこの辺で✨

コンテンツ作成後に見る『冷却期間』が大事

どーも!あきらさんです!

f:id:akirasan_comedy:20210129052024j:image

今回はコンテンツ作成をした後に見る『冷却期間』について書こうと思います。

あなたはコンテンツを作成した時に、自己満足してしまって見返す事を怠っていませんか?

コンテンツと言っても色々ありますが、私は今までに漫画やWeb小説を書いていたり、こうやってブログなども書いていますが、今ではYou Tube漫画のシナリオライターとしても活動しています。

私自身は当たり前になっていることなんですが、コンテンツ作成に慣れていない人にとって意外と落とし穴なのが、この『作成してから見返すまでの冷却期間です。

見返すまでの冷却期間を簡単に言うと、

『一度自分が満足するようなコンテンツを作成した後に、もう一度見直すまでの期間』の事です。

コンテンツを作成する時はその時の自分が持っている全力のモノを作ると思いますが、まずあなたは自分が満足したコンテンツが出来た後に何回見直すでしょうか?

私がシナリオを書く時は、最低でも5回〜10回は見直しています。

勿論書きながら見直す時もありますし、完成後にも見直したりします。

 

そして動画コンテンツや長文のコンテンツを作成した場合は、

必ず2〜3日間の冷却期間を空けます。

 

あなたは経験があるか分かりませんが、夜にラブレターのような手紙を書き、翌朝読み返してみたら「何で自分はこんな事を書いたんだろう?」と恥ずかしくなってしまった経験はありませんか?

恥ずかしながら私はあります😌

シナリオなどのネタでもそうなんですが、とにかくその時思いついたベストの事を書いて、その瞬間読み返してみた時は「完璧だ!」と思うんですが、1日経って読み返すと「もっとこうした方が良いな」と思う部分って必ず出てくると思うんです。

これって、自分が作ったモノを客観的に見れるようになるからであって、コンテンツが完成した直後というのは、意外と冷静に見れていないからなんです。

この冷静に見れるまでの期間がいわゆる冷却期間と言われ、自分の頭を冷やした状態にして客観視できるようになるという事です。

できれば3日あった方が良いですが、あまり間が空きすぎでもスピード感が損なわれるので、2〜3日経ってから見返すのがベストでしょう。

1〜2週間空いてしまうと、今度はその間に新しい知識が入ってきたり、自分自身がコンテンツ作成時よりもかなり成長している場合が出てくるので、一から全部再作成したくなる場合も出て来てしまいます。

これは別に悪い事ではないのですが、これを繰り返す癖がついてしまうと、今度はいつまで経ってもコンテンツが完成しないという状態が起きてしまいます。

直す作業は繰り返せば繰り返すほど良いモノを仕上げることは出来ますが、いつまで経っても世に出せないというリスクもあるのです。 

実は私は、漫画家時代にこれで結構失敗しました😅

 

そして世に出す事が遅れると、その時には時代が変わってしまい、それを必要としない世の中になっている事も少なくありません。

場合によっては別の人に先を越されてしまうとかも……😌

要するに難しいのは、見直すまでの期間は「早すぎても遅すぎても駄目」だということ。

早すぎれば自分のコンテンツを客観的に見ることができませんし、遅すぎれば自分が成長しすぎてしまったり、時代が移り変わってしまったりするのです。

だからこそ、この2〜3日という冷却期間が重要だと私は思ってます。

これはあくまでもあきらさんの経験上のことなので個人差もあると思いますが、大事なのは『世間とのバランス感覚』だということです。

自分の発信したいものに執着しすぎても駄目ですし、世間に寄りすぎて自分の個性を出せなくても駄目です。

自分の発信したいものをしっかり発信しつつ、世間にも認知されやすい状態にクオリティーを上げておく。

↑これがとても重要なんです。

 

文章ベースのテキストで分かりやすく例えると、まずは

①個性を出す為に、書きたいことを全て書き出す

②見返しながら流れを組み立てる

③『①〜②』の作業を5回以上繰り返す

④一度最後まで書き切る

⑤全体をまとめるように修正しながら、数回確認する

⑥2〜3日の冷却期間をおいて見直す

という感じです。

 

これによってかなりコンテンツの質が上がっていくと思うので、もしあまり実践していなかったらやって見てください。

ちなみにこの記事も2〜3日前に書いています😊

あなたがより良いコンテンツを作れるように願っています👍

それでは今回はこの辺で✨

「何か面白そう!」ということの大事さ

どーも!あきらさんです!

f:id:akirasan_comedy:20210129052024j:image 

いつも発信を見ていただきありがとうございます!

 

今回は『「何か面白そう!」ということの大事さ』について書いていきたいと思います。

 

まず最初に問いますが、あなたは私のように情報発信をしながらで生きていきたいと思っていますか?

 

あきらさんの発信では、自分の生き方を情報発信して皆さんの人生が好転することを目的としています😊

 

自分の人生経験の中で得た『ビジネス面やメンタル面の知識』を吟味し、その中で私が役に立った事や面白いと思ったことを発信しているのですが、私の発信の中であなたは何に魅力を感じたのでしょうか?

 

人によって理由は違うかも知れませんが、おそらくほとんど人が「何か面白そう!」という興味だったと思います。

そして、自分が欲しいと思う情報やあきらさんの生き方に共感できたから読んでいるのだと思います。

(改めていつもありがとうございます😊)

 

そしてこの「何か面白そう!」に隠されているものは実はたくさんあり、それをいくつか細分化していきたいのですが、今回は単純に「お笑い的な面白さ」について書いていきます。

 

個人で生き抜く力を付けて情報発信でマネタイズする前提で話を進めていきますが、これはある意味芸能人やスポーツ選手など、自分の実力がかなり大事になっていく生き方でもあります。

 

要するに自分にファンを付けて、興味を持ってもらう必要があるということですね。

それもお金を払ってでも見たいというほどの😌

 

もっとシビアな事を言うと、このようなエンターテイメントに近いような世界での生き方は、人の時間を自分に投資してもらうような、言わば「『時間』というパイの奪い合いに勝たなければいけない戦い」でもあるのです。

人それぞれ持てる時間は1日24時間と決まっていて、その24時間の中の数分を自分に割いてもらう必要があるという事。

 

そして当たり前ですが、人は面白いと思わないものには全く興味を示しません😌

逆に頼みもしなくても、面白いと思ったものには「お金を出してでも見たい!」とか「手に入れたい!」と思ってしまいます。

 

これが人が持つ「何か面白そう!」の心理です。

 

ビジネスをやっていく上では、この「何か面白そう!」を蔑(ないがし)ろにして生きていくことはできません。

スポーツの世界やビジネスでの売り上げとしての結果が出せている人は例外かも知れませんが、まだ結果が出せていない人にとっては、この人の興味をそそるような「笑い的な面白さ」を意識することが凄く大事になってきます。

 

簡単に言うと、チラシやCMなど、人の目に止まる最初の部分に興味を持ちやすいのは、この「お笑い的な面白さ」が強烈だということです。

 

本のタイトルや表紙、コンビ名やグループ名、お店の看板、見た目など、最初に人の目に入るこの部分に「お笑い的な面白さ」を意識するだけで、マーケティングでいう所の『集客率』に圧倒的な差が出てきます。

 

YouTubeのサムネイルなどもそうですが、人はこの『流し見をしている数秒』で、無意識に面白いか面白くないかを判断しています。

 

人が興味を持つ部分の面白いの中には、今の自分が抱えている悩みの解決に直結する内容だったりするものもありますが、比較的裕福な日本では隙間時間に娯楽を追い求める人が多く、いつも「何かつまんない」と思っている人が凄く多いです。

特にTwitterYouTubeは、その傾向が強いです。 

だから日本ではここまでエンターテインメントが発展してきていますし、「面白い」を提供しようとして笑いなどの技術も磨かれてきているのです。

 

ここで一つ理解しておいて欲しいのは、この「お笑い的な面白いのパワー」は『全てを凌駕するほど圧倒的な力がある』という事😄

 

ここまで言うと言い過ぎかも知れませんが、この「お笑い的な面白い」は、今までの嫌な事を全て吹き飛ばし、一瞬で場の空気を変えるほどの力を持っています。

 

私が思うのは、この情報発信を生業にしている人達の中でも、この「お笑い的な面白い」の事を軽んじて見ている人が多いという事。

 

確か、ダウンタウン松本人志さんが書いていた本の中でも、「運動神経が良いとか頭がいいとかカッコイイとかよりも、オモロい奴が一番モテる」と言っていた気がします。

これは私も凄く共感しました。

とにかく「面白い」という事は武器にもなるし、そのセンスを磨けばそれだけで食べて行けると確信した事でもありました。

 

お笑い芸人の道ではなくても、この「面白い」というパワーはどんな場面でも活かせます。

だからこそ、私のように情報発信で生きていきたい人や、エンターテイメントに関わるような人達が、自分の好きなことでマネタイズしていく為には、この「面白い」をもっと意識して欲しいと思っています。

 

あきらさんなりのお笑い論とは少し違いますが、情報発信で生きて行こうとする割には、この「笑いのスキルを磨こうとしない」という人が多い事がきになったので、今回はこの記事を書いています。

 

要するに逆に言えば、ビジネスや情報発信界隈では、この事を強く意識して発信している人が少ないという事ですから、今からでもあなたが強く意識すれば「人の時間というパイの奪い合いに勝てる確率が高くなる」ということでもあります。

 

もし今のあなたが情報発信しながら集客などに困っていたり、PV数が思っている以上に伸びないのであれば、この「何か面白い!」が足りていないのかも知れません。

 

最初から大きな結果を求める必要はありませんが、少しでも良いからお笑いを勉強して、自分の発信にこの「何か面白そう!」のエッセンスを取り入れて見て欲しいと思います。

 

今回は短めの記事でしたが、お笑いを語っている割には笑い要素0でしたね😅

私ももっと笑いを勉強します😌

 

それでは今回はこの辺で……✨

人の評価が気になったら更にアクセルを踏もう!

どーも!あきらさんです!

f:id:akirasan_comedy:20210129052024j:image

今回は、自分の発信したことに対しての評価が気になる人に向けて

「そんな時は更にアクセルと踏む事が大事だよ」というお話をします。

 

SNSで情報発信し、人の為に有益になるようなことを伝えていこうと思っても、たまにアンチみたいな人が出てくることってありますよね😅

 

全ての人が自分の慕ってくれる訳ではないので、これはしょうがないことなのですが、そのような一人のアンチの言葉で心が折れてしまう人も、実は世間では少なくありません。

勿論私も、そのような事で傷つかない訳ではありませんし😌

 

しかし、普通の人よりはアンチに対しての「いなし方」は身に付けていると思っています😉

 

私は基本的なスタンスとして、アンチや否定的な意見は無視するのですが、コミュニケーションを取らなければいけない場合でも「正しいか正しくないか」で判断することはしないようにしています。

その人にはその人の考え方があり、その人の生き方があるので、反対意見を否定する気はさらさら無いのです。

 

でも私自身は主張したいこともありますし、情報発信を通じて人の人生を良い方向に導いてあげたいと思っているので、自分の中で良いと思ったことはどんどん発信しようと思っています。

 

昔の私のように苦しんでいる人達が、私の発信で幸せを感じ、笑顔になって欲しいと思っていますから😊

 

そしてここからが本題なのですが、このように情報発信をしていきたいけどどうしてもアンチや否定的な意見に、嫌な気持ちになってしまう人にアドバイスをしていきたいんです。

 

細かく言うとその方法はいくつかあるのですが、例えば……

・とにかく無視する

・「正しいか正しくないか」とか「勝ち負け」で、物事を判断しない

・嫌な気持ちを全てノートに書き出す

・自分の目標を見直す

・毎日心を整えてマインドセットする

など。

 

しかし今回お伝えしたいのは、そんな中でも

「気にしないで更にアクセルを踏んで行こうぜ!」

ということなんです😄

 

情報発信をすれば否定的な意見は必ず出てきてしまいますが、そんなことを気にせずに自分がやりたいと思ったことをどんどんやろうとする方がもっともっと大事なのです。

 

嫌な気持ちは中々拭いきれませんが、そのベクトルをアンチに向けるのではなく、ワクワクするような『自分のやりたい事で成功してやる!』という方に向けるのです。

 

私も以前は情報発信やコンテンツ作成において、悩んで足踏みをしている時期もありました。

漫画やシナリオ作りもそうですが、形にしても周りに受け入れてもらえないことも少なくありません。

 

そんな時はいろいろ打開策を考えて、更に良いものを作り出そうとするのですが、考えれば考えれるほど分からなくなってきてしまうんですよね😅

 

そんな時に、いろいろな所で活発に情報発信している人を見ていると、そういう人達はとにかく『行動量が違う』と実感します。

要するに、いろいろなことを考えてはいるけど『迷ってはいない』ということなんです。

 

いろいろな案が出てきても、とりあえず片っ端からやるんですよね。

迷ってるくらいだったら「どっちもやる」がベースなんです。

「こっちが良いかな」「あっちが良いかな」と思っている暇があったら『どっちでも良いからやる』。

ダメだと思ったらもう一つの方もやる。

 

こういったスタンスでいるから、アンチや迷いという負の感情に捕らわれている時間が圧倒的に短いんです。

時間の使い方が上手な人は、特にアンチに対しては、ほとんど時間を割いていないと思います。

 

人生の幸福度は、

楽しい事を考えている時間が長いか、嫌な事に捕らわれている時間が長いか

で、大きく変わってきます。

 

よく例えで言われるのは、お花畑に一つの犬のフンが落ちていると、人は綺麗なお花に目もくれずに、犬のフンに注視してしまうということ。

 

目の前に凄く綺麗で心を豊かにしてくれるようなお花畑があるのに、不快になってしまうような小さな犬のフンの事ばかり考えてしまう人がとても多いということです。

 

その負の感情に捕らわれていればいるほど、自分の人生は不幸になり幸福度が下がっていってしまいます。

 

だからこそそんな時は、綺麗なお花畑に目を向けてワクワクするような気分を取り戻すのです。

 

自分のしたい情報発信を否定されても、人に迷惑をかけるようなことではなかったり、不快にさせるようなことではなかったら、今まで以上にどんどん発信していくのです。

負の感情に引っ張られている時間を短くして、楽しい発信どんどんしていくんです。

 

だからこそエネルギー量で、負の感情に負けてはいけません。

アンチが追いつかないくらいのスピードでどんどん走るのです。

 

人生は短いです。

否定的な意見に構っている暇など、あなたの人生に時間はないのです。

もし構うのであれば、必ず今後の人生に活かす事を前提にしてください。

 

負の感情に関われば関わるほど「正しいか正しくないか」で物事を判断しがちなので、そんな時の判断基準は「そこに愛があるか」と考えてみましょう。

 

『相手の為』

『自分の為』

そして『こういう事をやったら神様は喜ぶだろうか?』

など、みんなが幸せになるような答えなのかを考えてみてください。

 

よく商売の世界では「三方良し」とか「四方良し」とか言われますが、

※三方良し⇨売り手(社長)、買い手、世間、が得をする

四方良し⇨プラスで働き手(社員)も得をする

私はこのような考え方と共に、斎藤一人さんも言っている「神様はこれをして喜ぶだろうか?」という思考が凄く大事だと思っています。

 

自分が得をし、相手も得をし、世間も得をした上で、神様も喜んでくれる。

このような事を基準に物事を判断していくと、必ず上手くいくようになります。

そして、その迷った時の基準になるのが『そこに愛があるのか』ということです。

 

自分の発信を否定してくる人達は、マウントを取りたいだけです。

論破してただ勝った気になりたいだけなんです。

だからこそそういう人達には黙って勝ちを譲り、自分は無駄な時間を過ごさないように、自分を慕ってくれる人達をもっともっと幸せに導けば良いのです。

 

その方が自分の気分も良いですし、神様も必ず喜んでくれます。

 

だからこそやりたいことをやりましょう!

どんどんアクセルを踏みましょう!

情報発信をしてどんどん形にしていけば、アンチとの時間のズレも出てきますし、そんな事に捕らわれている時間すら無くなっていきます。

 

自分に自身を持ってください。

自分が正しいと思う事は、周りに否定されてもやっていきましょう。

そこに愛があれば、必ず良い結果に結びつきますから😊

 

……という事で今回は、アンチを気にせずに自分に自信を持って、もっと自分のやりたい事に目を向けよう!というお話でした。

結構忘れがちになる考え方なので、この機会にもう一度マインドセットしてみてください😉👍

 

それでは今回はこの辺で✨

紙媒体の良さを実感しよう!

どーも!あきらさんです!

f:id:akirasan_comedy:20210129052024j:image

今回は、ペーパーレスの時代になってきている現代でも

「敢えて紙媒体の方が良いよ!」というもののお話をします😄

 

物質的な物を少なくして生活空間をシンプルにする事はとても良い事だと思います。

無駄な物を捨てて目の前をスッキリさせる事が頭をよりシンプルにして、作業効率を爆発的に上げてくれます。

その為にも、データとして保存できるものはペーパーレスを意識して生活空間を広げた方が良いのですが、私が感じるものの中で敢えて紙媒体で行った方が良いと感じているものが2つあります。

 

1つは『本』です。

 

今では『Kindle』などを使ってネットで本を読む事が多くなってきていますが、やっぱりビジネス書や自己啓発本のようなものを読む時は絶対に紙媒体の方が良いと私は思っています。

漫画や一時的に情報を得たいと思う時はネットで見る方が良いと思いますが、

学びや自分の知識として吸収して自分の実になるように読みたい時は、必ず紙媒体で吸収する事をお勧めします。

 

このようなビジネス書や自己啓発本

「自分を変える為に、自分の中に良いものを取り入れたい!」

と思って本を読む前提なので、ただ知識を得るだけでは意味が無いからです。

小説や漫画のようにエンタメ系の事や、ニュースやウィキペディアのようなただの情報の収集としては、お手軽感やスピード感の方が大事だったりするので、ネットで見る方が良いかも知れませんが、

『自分の実になるように実力を付けて人生を豊かにしていく為』

という前提だとかなり話が変わってきます。

 

これはもしかしたら年齢の問題もあるかも知れませんが、歳を取るとやっぱり紙で読む本は自分の中に入ってくる感覚が全然違うと感じます。

私も毎月2冊以上はこのようなビジネス書のようなものを読むのですが、必ず本は紙媒体で買うようにしています。

良い本は何度も読み返すこともありますし、もう一度読みたい所をすぐ開ける状態にしたいという欲求もありますので、意外と紙の方が便利だったりもします。

 

勿論個人差はあると思いますが、「変わりたい!」とか「自分をもっと向上させたい!」と思っている人は、一つ一つの吸収を大事にする為にも是非紙で本を購入してみてください😄

 

そしてもう1つは『文章を書く』という事。

 

これはブログやSNSでの発信ではなく、日記や頭を整理する為に書く文章のことです。

よく、頭や心を整える為にエクササイズとして「思っている事をとにかく紙に書く」というものがあるのですが、このような日記や頭の整理に使うものは絶対に手書きで紙に書いた方が良いです😊

 

ネットを使ってやれるブログやブレインマップのようなものも有効ですが、本格的な効果を得ようとしたらこの『手書き』という部分が凄く重要になってきます。

大人になればなるほど手で字を書く機会が減ってきて、この良さを実感するタイミングを逃しがちですが、これはやり始めると凄く良さを実感できると思います。

 

私はほぼ毎日文章を書いていますが、朝でも夜でも自分の頭の整理をする時や心を整えたい時は、必ず紙に手書きで文章を書いてます😊

とにかく今思っている事を紙に書き出し、一回自分の中にあるものを全部吐き出す作業を行っているのです。

 

この「考えていることや感じていることを紙に書き出す」という作業をすることによってストレスを発散にもなりますし、自分の心理を客観的に見ることもできます。

これは人に見せない事が前提なので、ある程度まとまってきたらすぐに捨ててしまいます。

 

ネットに書く文章は、基本的には人に伝える事が前提なのでまた違った形にはなりますが、この「頭を整理する」とか「心を整える」というようなものは、リラクゼーションのような作業に近いので、絶対に手書きで行うことをお勧めします。

 

手書きの良い所は、意外と「書くスピード」だと私は思っています。

とにかく思っている事を手を動かして書くので、思考と作業のバランスがとても良いのです😉

 

タイピングや音声入力もそれはそれで良いのですが、この「手書き」はまた違った良さがあります。

以前YouTubeで観た「マコなり社長」の動画でも、マコなり社長の会社ではメモ用紙の代わりにA4サイズのコピー用紙が、常にどこかに置いてあるようです。

イデアだったり思ったことを人に伝える時に、すぐに書き出した方が良いということを知っているんでしょうね😌

 

このように成功者も結構手書きの重要性を説いているので、あまり普段から手で字を書かない人は、意識して紙に書くようにしてみてください。

人によっては、これで人生が変わると私は思っています😊

 

ということで今回は「紙媒体の方が良い」というお話でしたが、

『本』『頭や心を整理する為に書き出す』という事に関しては、是非意識して紙媒体を利用してみてくださいね😉

 

それでは今回はこの辺で✨

エネルギーという概念

どーも!あきらさんです!

 f:id:akirasan_comedy:20210129052024j:image

今回は『エネルギー』について書いていきたいと思います😄

 

あなたは一言で『エネルギー』と聞くと、どんな事を想像するでしょうか?

 

私がここで述べたいエネルギーとは、俗に言う『集中力』のようなものに近いです。

 

ビジネスでも何でも作業をする時には、できるだけ良い結果に結び付ける事が大事ですよね?😌

 

そんな時に意識しておいて欲しいのが、作業をする時に

「エネルギーが高い状態を保つ」ということ。

 

この「エネルギーが高い状態」というのは色々なことが混ざり合っているのですが

例えば……

 

①心が安定している

・気が散らない状態

・嫌な人間関係に縛られていない

・変な不安を抱えていない

・目の前の作業を楽しめている

・自分の成長に期待できている

・笑っている時間が長い

・明るい未来を描けている

 

②体調が安定している

・頭がスッキリしている

・体がある程度イメージ通りに動く

・痛い所や苦しい所がほぼ無い

・「体調が悪い」と言う所に意識が持っていかれてない

・朝スッキリ起きれる

・一日中、活動的に動ける

 

③物理的な生活面で安定している

・最低限の生活には苦労していない

・自由に使える時間を確保できている

・買いたい物が比較的すぐに買える

(高額な物ではなく、やりたい作業に必要な物など)

・やりたい事がやれるスペースや環境を確保できている

 

④人間関係が安定している

・嫌な事を言う人や、すぐ怒るような人が身近にいない

・やりたい事を応援してくれる人がいる

・自分の時間やエネルギーを人に奪われていない

・自分のやりたい事に集中できて、自分に負の感情を生み出させるような存在に意識を持っていかれていない

・「周りの人を助けよう」と思えるような良い人間関係が築けている

 

……など、簡単に羅列しただけでもこれだけの事が挙げられますが、今の自分が「意識的にこのような状態を保とうとしているか?」というのがとても大事になっています。

 

ここに挙げた項目をあまり意識しないで生きてきた人は、これからの人生においてこの項目の事をかなり重要視して生活をすると人生が激変すると思います😊

 

単純に肉体面でのストレスが少なければ、ある程度のことは自分の思い通りに作業できると思いますが、世間では意外とここに挙げたような項目を意識しないで生きている人が多く、その事によって『エネルギー不足』の状態で日々生活し、色々な作業に取り組んでいる人が多いと思っています。

 

だからこそ自分なりに頑張ってもなかなか結果が出ずに、苦しい日々が続いてしまうのです。

 

自分が今やっている作業でなかなか結果が出ないのであれば、このように

「エネルギーが高い状態を保てているか?」というのを意識しながら、何かに取り組んでみてください。

 

一度に全ての問題を解決するのは難しいと思いますが、私がやっている解決策をいくつか紹介します。

 

①の心の安定についての解決方法で、シンプルかつ一番効果を発揮しやすいのは

「紙に手書きで、思っていることをひたすら書く」という事。

 

この作業は私もほぼ毎日やっていますが、朝一や寝る前にやると凄く頭がスッキリして、抱えていた頭のゴミを取り除くことができます。

 

メンタルが安定しない人はこの「思っていることを書く」という作業をやってみてください。

 

そして②体調面での解決方法は「睡眠を最重要視する」という生活をするだけで、かなり変わってきます。

一日の生活の軸を『睡眠時間』から逆算してスケジューリングするのです。

 

1日6時間くらいの睡眠を必ず確保し、スッキリ起きられる状態を第一に考えて、

それに対して「どういう準備をして寝るか」という事を考えるのです。

 

結果を出す為に大事な『作業量』を増やす為には、一日をどれだけ活動的に動いて有効な使い方が出来るかで重要になってきます。

 

その為に体を鍛えたり良い食事をしたりするのですが、その前にまず大事なのがこの「良い睡眠」なのです。

若い内はまだ良いですが、この意識が低いと年齢と共にどんどんパフォーマンスが落ちていってしまいます。

だからこそ日々、この『睡眠時間』を大事にしてください。

 

③の物理面の解決は『時給労働から抜け出す働き方』を意識する事で、多くの問題を解決できます。

大抵の事はお金で解決できますし、お金があれば時間を生み出すこともできるので、多くの物理的問題を解決する事ができます。

 

その為に必要なのがこの『時給労働から抜け出す』という考え方です。

 

会社に所属し続けて働いている内は、どうしてもこの時給労働から抜け出せませんが、ネットを使った起業やオリジナルコンテンツを売るようなビジネスモデルを構築できれば、この時給労働からも抜け出せます。

 

雇われる側ではなく雇う側の思考を持ち、自分をブランディングしながらオリジナル商品を売っていくのです。

 

このような事は簡単では無いですが、副業からでもこのようなことをやっていくだけで人生は変わってきます。

ネットビジネスを始めた私が、実際にそうでしたから😌

 

④の人間関係での解決方法は、ズバリ『覚悟』です。

何に対しても「必ずやり遂げる」という覚悟を持ち

・必ず幸せになる

・やりたくない事はやらないで良い状態を作る

・やりたい事は全てやる

といったような事を覚悟を持って生きるのです。

 

どんな事であれ、覚悟を持った時の人のエネルギーは計り知れません。

そして覚悟を持って生きている人間の周りには、必ず良い人間関係ができてきます。

 

人間関係ですら「必ず良い人を周りに置く」と決めれば、自ずと無駄な人間関係を削いでいくようにもなりますし、『類は友を呼ぶ』という流れから、必然的に良い出会いも生まれてきます。

 

周りの人との関係を考えすぎると、相手をどうにかしようとしてしまいがちですが、実は人間関係をコントロールしようとした時に一番大事なのは

最初に『自分の腹を決める』という作業なのです。

 

「自分の人生を自分でしっかり選択しながら生きる」という肝が据わっていれば、心の軸が定まるので、大きなエネルギーを生み出す事が出来るのです。

 

これらの4つの事を意識するだけで、今より大きなエネルギーを生み出す事が出来るようになります。

 

こうして高いエネルギーを維持する事を意識しながら、日々の作業に取り組む事で、同じ作業をしていたとしても全く違った効果を生み出す事が出来るようになります。

 

……という事で今回は『エネルギーの大事さ』について書きましたが、具体的にこのようなことを意識していなかったら、今後は少しずつ意識してみてくださいネ😉

 

必ず人生が変わりますから👍 

それでは今回はこの辺で✨

人生で無駄な時間の一つは選択に迷う時間

どーも!あきらさんです!

f:id:akirasan_comedy:20210129052024j:image

今回は、あきらさんが『人生の中で無駄だと思う時間』について書いていこうと思います。

 

人生の中で無駄だと思う時間は色々あるのですが、

その中でも今回は「選択に迷う時間」をピックアップしました。

 

あなたは色々な事を決断する時に迷う方でしょうか?

 

正直言うと昔の私はかなり迷うことが多く、周りからもよく「考えすぎだよ!」と言われる事も少なくありませんでした。

 

特に引きこもっていた時などは全然行動出来ていなかったので、頭の中で考えだけがぐるぐる回り、何もしないで自分で勝手に完結していた事が多かったです😅

 

要するに、考えて考えて考えた挙句に、何もしないで全てをやったような気になってしまい、結局何もやらずに諦めてしまうという状態です😌

 

引きこもりから抜け出して行動できるようになってからも、普通の人よりも迷うことが多く、入念に下調べをしてから色々な事をやるのが多い人生でした。

 

当時は調べたりするのが楽しかった事もありますが、今ほどインプットとアウトプットの概念を意識する事がありませんでした。

 

そして私は、過去に漫画家を目指して挫折した経験があります。

 

漫画家は賞を獲ったりして担当さんが付くと、ネームと呼ばれる絵コンテのようなものを書いて見せに行くのですが、ここでOKが出ないと原稿の執筆に進めません。

 

何度も何度もボツを食らい、自分の面白いと思っている事をとにかく否定され、その内に「何が面白いのか」「何を求められているのか」が分からなくなります。

残念ながら私の場合は、そこから精神的におかしくなってしまいました……😌

 

お陰で半分鬱のような状態になってしまい、その後に漫画家を諦めたのですが、数年後に趣味で小説を書くようなってから、今ではシナリオライターとしても稼いでいます。

そして私が、ビジネスをやったり人生経験を積み重ねてみて感じる事は

「思った事は全てやっておけば良かった」ということです。

 

物書きを例えに出すと「Aの方が面白いのか、Bの方が面白いのか」と迷ったら、

基本的には『どっちもやる』という事。

 

もっと言うと答えは2択ではなく、3つも4つもあったり、無限に存在します。

 

私はアイデアが馬鹿みたいに出てくる方なのでネタ切れという概念は存在しないのですが、大前提として

「何が面白いのかを、書く前に判断しようとしていた事自体が間違えだった」

という事に後から気付いたのです。

 

人生の最後を迎える時に後悔する人が、口を揃えて言う事が

「もっとやりたい事をやっておけば良かった」

ということらしいです。

 

亡くなる人の9割は、自分の人生を後悔してしまうのが現実。

この事を悟ると、迷う事の無駄さを本当に感じてしまいます。

 

人は理性があるので、感情で動きすぎるのは世間ではあまりよろしくないとされていますが、周りの人に迷惑をかけないような事であれば、どんどんやりたい事をやるべきだと私は思っています。

 

逆に言うと人の役に立つ事であれば、もっと積極的にやるべきです😊

 

迷ってるという事は、本質的にはどっちもやりたいはず。

勿論優先順位はあるかも知れませんが、前提としては「どっちもやる」という気持ちで、優先順位を決めることが大事です。

 

歳を取れば取るほど思うのは「人生は短い」ということ。

そして、特にやりたい事が多い人にとっての人生はとても短いです。

時代も物凄いスピードで変わっていくので、好奇心の強い人は次から次へとどんどんやりたい事が出てきてしまいます。

 

だから結果的に、迷えば迷うほど後手後手に回ってしまうので、決断や行動が遅くなればなるほど人生で損をする事を知るのです。

 

命の重みを知り、時間の大事さを知ると、本当に迷っている事が無駄だと感じます。

 

決断する力や覚悟を持ち、例え失敗したとしても『失敗から常に学ぶ』という姿勢を持っていれば、失敗も決してデメリットではありません。

 

むしろ経験として蓄積されていく分、取り掛かるスピードが早いというのはメリットしかありません。

 

人生では今が一番若い時期です。

歳をとっているから諦めてしまうのは、人生を諦めてしまっているのと同じです。

 

人生は一度きり。

死ぬ時に後悔したくない。

思い通りにいかない自分の人生を人のせいにしたくない。

 

この辺りを自覚して生きていれば、自ずと決断は早くなります。

 

要するに『人生、全てはタイミング』だということ。

『今』を大事にして『今すぐ決断する事の大事さ』を知る人は必ず大成します。

 

今この話を聞いてもすんなり入っていく人は少ないと思いますが、悩んだり迷ったりする時期をある程度経てからこの本質に気付くと、人はどんどん決断できるようになります。

 

まずは自分の人生を大事にし、時間の大事さを知ってください。

人は誰しも幸せになる義務があります。

これは義務です。

生きている以上、人は幸せを求めなくてはいけないのです。

引きこもっている時に、何度も何度も死のうとした私が言うので間違いありません。

 

自分のやりたいことを押し殺さないで、どんどん楽しい人生を生きましょう😄

 

あなたの人生に迷っている時間などありませんからね😉

 

あなたに幸せが訪れますように願っています✨

 

それでは今回はこの辺で……